作業事例

チャボヒバの透かし剪定 飯田市

こんにちは!ニワクマです。

今回は立派なチャボヒバの手入れをしてまいりましたので、ご紹介します。

これだけの大きさと枝ぶりのチャボヒバは滅多にないと思います。飯田下伊那地域において3本しか無いチャボヒバである、とも伝えらえているようです。

お客様情報

エリア飯田市
作業内容庭の手入れ
ご要望透かし剪定

作業ビフォーアフター

4年間ほど手入れがされていなかったとのこと、ヒノキに先祖返りしてしまっている枝も見受けられました。

作業ビフォーアフター2

古葉を手で揉みながら落としながら枯れ枝や忌み枝を落としていき、枝ぶりを整えていきました。枝ぶりを作ることを優先し、枝を抜くことで穴が開いたり、樹冠ラインから枝の飛び出しもありましたが、あまり気にせずに進めました。

樹の下から見上げてみる

透かされた樹内を風や光が通るようになり、とても気持ちの良い空間になりました。